最新記事

病気や怪我をしてしまった場合、健康保険書を使って病院を受診することが出来ます。
日本においては、国民皆保険、皆年金という制度があり、国民誰しも何らかの保険及び年金に加入していることが前提となっています。
会社で保険組合を持っているところもありますし、いくつかの会社が集まって保険組合を作っていることもあります。
また、各市町村が運営している国民健康保険もあり、これは自営業者などが加入することになっています。
家族で加入していることがほとんどで、学生や乳幼児などは親の扶養に入ることになります。
また、何らかの事情で健康保険に入っていない場合は、医療が必要になっている間だけでも、国民健康保険に加入することになり、医療を受けることが出来ます。
申請が必要になりますので、そうなった場合は病院や市町村の窓口に相談します。

仕事に欠かせない管理システムなどを提供致します。